2010年3月28日日曜日

スタジオ328



定例のスタジオ。ライブセットの煮込み。
うまみを引き出すスパイスの入れ時…検討中。

2010年3月27日土曜日

What's a diyTokion? -Vol.5-



--「DJ KUT」について

「無駄に二枚目」「永遠の新人枠」「DJ加藤ーーー」
お酒による数々の失態!?セクハラまがいのギリギリアウトな行為!?からそんな風に言われますが、そんなスマートじゃないところがいいとこなんだな。わかってやって。プレーは本物よ。
出会った頃、彼は大学生だったか。スヌーピーの帽子かぶった不思議ちゃん。DJやってるという。これはナニかある…って事で、「Premierみたいに擦ってくれないか?」とか適当な事言って、無謀にもいきなりライブ本番に誘ったワケだ。
そう、最初はステージ端のほったて小屋みたいな即席セットで、演奏に当たり障り無く擦るくらいしかバンド内での役目が無かった。が、今やこの位置。バンドにおけるターンテーブルの新しい絡み、表現を確立してると思う。彼によってバンドアンサンブルも新次元へ向かえてると言っても過言ではなかろう。
加えて、バンド以外でのDJプレーも必見。あるイベントで、
「HipHopを一枚もかけてないのに、テーブルをガタガタさせながらDJするその姿は一番HipHopを感じた」
と言われるような評価は、彼の個性を最も的確に表してる嬉しい褒め言葉だと思うな。
そう、あのその場しのぎなのか?(そうだと思う)な失敗スレスレのチョイスと強引さが産み出すファンクネス…なかなか無いよ。ご覧アレ。
あと、SWINGBOYSっていうDJチームも組んでいるからそちらもぜひ。ソロ名義でのMIX CD "Hot Ladys Tracks"も近日リリース!!

…そいうえば先日、「泥酔の果てに家路までの100mで消えてしまった眼鏡」が見つかったと。新しい眼鏡を購入後。ソファーの下で。

つづく

*次回予告~What's a diyTokion? -Vol.6-「藤本"Yasaan"康雄」について

2010年3月20日土曜日

Thanks...Livin' In Color epi.7!!!



昨日のライブにお越しいただいた皆さん、ありがとうございました。
バンドはもちろん、いろんな組み合わせで魅せていきます。
今後もお楽しみに。

Hiro-a-keyくん、アルバムリリースおめでとう!

2010年3月18日木曜日

明日は…



2010/03/19 (Fri)
[Livin' In Color epi.7] at 渋谷Plug
Open 18:30- Start 19:30-
Charge adv2,500-(1D) / door3,000-(1D)

LIVE--
Hiro-a-key (Jazz#s)
Roundsville
Nut's&KUT(diyTokion)


…という訳で、予習として。

r.i.p. TP

コチラを料理致します。

2010年3月16日火曜日

2010年3月15日月曜日

スタジオ314


L→R: Kazuo EDAYOSHI, Kunihiko "Antilogic" TAKAHASHI

定例のスタジオでのTokion Rhythm。
5月にバンドでのライブも決定。詳細は追って。

2010年3月13日土曜日

Session Man

本日3/13(土)渋谷JZ Bartで行われるセッションイベント“music lab”に、Yasaan(diyTokion)がキーボードで参加します。
ジャズ、セッション、お酒…を愛する方々、ぜひ。

2010/03/13 (Sat)
[“music lab”presented by 元晴(SOIL&“PIMP”SESSIONS) Hosted by so-ill@JZ Brat] at 渋谷JZ Bart
Open 23:00- Start 24:00-
Charge 2,000-

Host Artist--
秋田ゴールドマン(Ba), みどりん(Dr), 白石才三(Gt), 元晴(Sax)

*ミュージシャンが音と肝臓を鍛錬する東京music lab.今回はJZ Bratを会場に開催。そこに集まったミュージシャンがその日限りのグルーヴを織りなすオープンマイクセッション。Midnight Tokyo Culture.

2010年3月8日月曜日

ナッツェンカット

待望のフルアルバム"HIROGLYPHICS -Complete Edition-"をリリースしたシンガーHiro-a-key
発売後初となる自身のイベント"Livin' In Color epi.7"にて、Nut's&KUTの2人セットでライブします。



2010/03/19 (Fri)
[Livin' In Color epi.7] at 渋谷Plug
Open 18:30- Start 19:30-
Charge adv2,500-(1D) / door3,000-(1D)

LIVE--
Hiro-a-key (Jazz#s)
Roundsville
Nut's&KUT(diyTokion)


という訳で、今宵はNut's&KUTで仕込み。気分はこんな。


…で、いこうか。

2010年3月3日水曜日

What's a diyTokion? -Vol.4-



--「枝吉"Drums.co"和雄」について

diyTokionのお宝、ドラマー枝吉和雄。タム不要。カズオだけどオカズは嫌い。ってドラムの話。
diy史上、一番新参者(といっても8,9年近く経つか)ですが、その前はmagoo swimというバンドでメジャーシーン等で活躍しておりました。90年代半ばくらいの話。当時いわゆる渋谷系?なんて感じで括られていたかと。
ツインボーカルのソウルフルでアクの強いサウンドは、Sly & The Family Stoneを彷彿とさせ、これがまた格好良かったんだな。若造の俺らは憧れ目線。そんなmagoo swim最後のレコーディングセッションに、自分(Nut's)が参加する事になったのがきっかけ。
最初のスタジオでの印象は、Cabinをくゆらしスロットを愛すドラ息子…うそ。
キック、スネア、ハットが味わった事ないくらいセパレート(打ち込み的に…褒め言葉)に感じれてドキモを抜かされました。そして丁度ドラマー不在になってたdiyTokionへここぞとばかりに勧誘?ナンパ。メンバーがグルになって落としたもんです。
そんなキャリアもある彼ですが、今やこのブッ壊れ具合(褒め言葉)。ビートのクオンタイズをズラしたりしていたら、人生のクオンタイズも…。
ある種、最初はワタクシのさりげない誘導尋問により導いた!?とこありますが、常に新しい感覚を渇望し、全てを捨て去ってでも、新しい表現をして驚かせてくれる彼はお宝なのです。これが人力のみのビートなのか?っていうドラミングを、ぜひライブなどでダイレクトに感じてみて。こりゃお宝だ、と思うハズ。
ちなみに、彼にテクノロジー(使ってないから)の話で攻めても一切通じません。

「ドラムにトリガーか何かしてるのですか?」

とか聞いても、

「トリガー??…はて、美味しいおつまみかな?それは」

くらいしか返ってこないのであしからず。
ナマの快楽でしか生きていないのです。ビアー同様。

つづく

*次回予告~What's a diyTokion? -Vol.5-「DJ KUT」について